2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

いらっしゃいませ☆

  • 晴(はる)ともうします。
    用事がなければいつまでも引き籠っていられる出不精人間が、ベランダで栽培している植物のこと、手作りや読書の記録、ときどき飼い犬のこと、などを綴っています。
    どうぞよろしくm(__)m


    画像や文章などの無断複写、転載等はご遠慮くださいね。


    楽天オークション (はる*116)
    ときどき・・・手作りの小物や不要になった手芸用品等出品しています。


    ツイッターでぶつぶつぶつ・・・ Twitter
    119

半分サイズのボックスティッシュカバーの作り方

Dsc04232

よく使う、箱のティッシュ。
ほんのちょこっとのことで1枚使うのはもったいないなーと、半分に切って使ってみようと思いカバーを作りました。

半分サイズのティッシュ、実際使ってみるとなかなか良いです。
普通の1枚分使いたいときは2枚出して重ねて使えばいいし。
なにより置き場所が半分!空いたスペースがなんだかうれしかったです。(笑)

 

<出来上がりサイズ>

縦 約12cm × 横 約12.5cm × 高さ 約6cm

 

<用意するもの>

20cm×55cmの布 表用、裏用、各1枚
ゴムひも(巾0.5cm) 30cm
レース 30cm

お好みでボタンなど

お裁縫道具
(縫い針・マチ針・手縫い糸・はさみ(布用、糸切り用)・印つけ用具・定規・・等)

厚手の紙(型紙用)

 

<作り方>

(1)
下図の寸法で型紙を作ります。赤印も忘れずに入れてくださいね。

Halftissuer

 

(2)
縫い代1cmをつけて、表布・裏布それぞれ2枚ずつ裁ちます。
布にも赤印を忘れずにつけておいてくださいね。

Dsc04213

 

(3)
表布2枚を中表にあわせ、上部の両端から印までを縫います。
(ここは縫い代を割るので、印線の上を縫います。)

Dsc04214

 

(4)
広げて、縫い代は割ります。

Dsc04215

 

(5)
表にかえしてレースをおき、上部を目立たないように半返し縫い等で縫いつけます。

中心のつなぎ目を隠すように幅広のレースをまたぐように置いたり、
細めのレースを片側だけにするとリバーシブルにもできます。

Dsc04227

 

(6)
マチを中表にあわせ、印線より1mmくらい外側を縫います。

Dsc04217

 

(7)
4か所のマチをすべて縫います。
縫い代が中央の縫い合わせた方に向くように印線で折り目をつけて倒します。

Dsc04220

 

(8)
裏布も、表布と同様に縫い、縫い代は表布と反対側に倒します。
(同じ方向に倒すとそこだけやたらと分厚くなってしまうので、互い違いになるように)

Dsc04219

 

(9)
ゴムひもを14cm×2本にカットします。
裏布のゴムひも付け位置(布の表側)に、布端とゴムひもの端をあわせておき簡単に縫いとめます。
縫いとめるときに、縫い代からはみ出さないように気をつけてくださいね。

Dsc04221

 

(10)
ゴムひも2本(計4か所)、縫いつけます。

Dsc04222

 

(11)
表布を表にかえします。
ボタンをつける場合はここで。箱などにかぶせると位置を決めやすいと思います。

Dsc04228

 

(12)
表布と裏布を、中表にあわせ裾の印線より1mmくらい外側をぐるりと1周縫います。

ゴムひもがあるのでちょっと縫いにくいですが、
中央の縫い目と4つの角がずれないようにマチ針でしっかり留めて縫ってくださいね。

Dsc04223

 

(13)
印線で折り目をつけて、ティッシュ取り出し口/返し口から表布を引っ張りだす感じで表にかえします。

Dsc04225

 

(14)
裾と四隅をきれいに整え、ゴムひもがついてる部分を2~3回返し縫いをして補強します。

Dsc04229

 

(15)
裏側からティッシュ取り出し口/返し口をコの字とじで縫いとじて・・・

Dsc04230

 

出来上がりです♪

ティッシュの箱と中身を半分に切って、出来上がったカバーをかぶせてお使いください。
(メーカーによって箱のサイズが違うのでご注意くださいね。)

Dsc04232

 

 

画像や文章などの無断使用はご遠慮ください。
Copyright(C)2011 晴@ハルノツブヤキ’ All rights reserved.

 

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)